News

お知らせ

2024/06/03 コラム

合宿免許の最短日数で卒業できない理由について解説

合宿免許の最短日数で卒業できない理由について解説

「合宿免許の最短日数で卒業できない」状況とは?

 まず、合宿免許で最短日数で卒業ができない状況とは、本来の最短日数を何らかの理由で超過してしまう状況をいいます。特別な事情がない限りは、自動車学校からの指示で延長が発生します。

合宿免許の最短日数で卒業できない理由とは?

次に、合宿免許で最短日数で卒業できない理由については主に下記の内容が挙げられます。

最短日数で卒業できない理由

①教習に延長が発生してしまう
②検定に不合格してしまう
③学科教習がスケジュール通りに終わらなかった
④遅刻や欠席で教習・検定が受けられなかった
⑤一時帰宅をすることで最短日数で卒業できなくなった
⑥台風や地震など自然災害で教習所が休校となってしまった
⑦感染症蔓延や設備不良など教習所側の不可抗力で教習を実施することができなかった
⑧住民票などの必要書類を期限までに準備することができなかった

①②は教習がうまく進まなかった場合、③④⑤⑧はお客様の都合、⑥⑦は不可抗力の場合と大別することができます。

最短日数で卒業するために注意すべきこと

 それでは、最短日数で卒業するためには何に注意すればいいのでしょうか。入校前に確認しておくことで安心して合宿免許へ参加することができます。

 ここでは何点か注意ポイントを挙げさせていただきます。

注意ポイント

①学科教習はスケジュール通りに終わらせる
②遅刻や欠席がないように体調管理やアラームの設定などに気を付ける
③余裕を持ったスケジュールで参加する
④入校に必要なものはしっかり準備をする
⑤仮免許学科試験に向けてしっかり勉強をする

最短日数で卒業できない可能性が比較的高い車種

 さて、最短日数で卒業できない可能性が比較的高い車種はどんなものがあるでしょうか。最短日数で卒業ができない車種は技能教習で補修や検定不合格が起きやすい車種です。

最短日数で卒業できない可能性が比較的高い車種

 具体的には、①普通一種MTや②準中型一種、③普通自動二輪、④大型自動二輪が挙げられます。

延長が発生しやすい理由

 これらの車種は初めての四輪免許取得で慣れない中でのシフトレバー、クラッチ操作及び二輪での初めての運転操作が他の車種に比べて難しく最短日数で卒業できない可能性が比較的高い傾向にあります。

 特に普通自動二輪免許や大型自動二輪免許は、バランス感覚が必要となるため自転車や原付を運転したことのない方は苦戦してしまうかもしれません。

延長が発生しやすい車種の場合は

 最短日数で卒業できない可能性が比較的高い車種については、特に延長が発生しても問題がないように余裕を持った日程で参加をする必要があります。

 また、普通一種ATであれば予定通り卒業できる可能性が高くなるため、必要性や運転適性にあわせて取得免許を選ぶことも大切です。

卒業までの日数が伸びた場合の対処方法

それでは卒業日数までの日数が伸びた場合にはどうすればよいのでしょうか。
こちらではその対処方法について解説をさせていただきます。思わぬ延長にも冷静に対応ができるようにしましょう。

合宿免許 最短日数 卒業できない チェックリスト

①卒業日の再確認

延長が発生した場合には、自動車学校の担当から変更後の卒業日が伝えられます。また、教習のスケジュールが変更となる場合が多いので、きちんと確認しておきましょう。

②交通手段の確認

卒業までの日数が伸びた場合は、すでに帰路の交通手段を予約している場合は変更が必要となります。また、卒業予定日に交通手段が確保できるかは事前に確認をしておきましょう。

③追加料金の確認

補修や再検定、宿泊日数の延長が発生した場合には追加で料金がかかる場合もあります。料金がかかる場合は支払期限までに支払いができるように準備をしましょう。追加で食費などの生活費もあるので注意が必要です。

④予定の確認

 学校の予定や仕事の予定、プライベートの予定などに延長が発生しても問題ないかを確認しましょう。もし、外せない予定がある場合は自動車学校に相談をして一時帰宅などの対応ができるかを相談してみるとよいでしょう。

⑤家族への連絡

 高校生の方などはご家族に連絡をして帰宅が遅くなることを連絡していただいた方が、ご家族も安心するので報告をするように心がけましょう。思わぬ出費がかかる際にはついかで費用を準備していただく場合もあります。

保証がついている合宿免許

 合宿免許では、教習の延長や検定の再受検、宿泊日数の延長について保証がついている場合が多いです。検討している自動車学校に保証があるのかないのか、どれくらいの保証があるのかについては事前にしっかりと確認をしておきましょう。

まとめ

 最短日数で卒業できるのが合宿免許の魅力ですが、最短日数で卒業できなくなると、予定の変更や追加料金がかかる場合があるので注意が必要です。どんな場合に延長が発生してしまうのか、発生しやすい車種はなにか、その対処法についてもしっかり確認をして安心して参加できるようにしましょう。

こちらの記事も参考にしてください

この記事を書いた人

ライター

問田 和希

株式会社ケーディエス マーケティング担当
大学は法学部を専攻。
2021年8月より株式会社ケーディエス(一宮・高知県自動車学校・安芸自動車学校・くま高原ドライビングスクール)にてマーケティング担当としてWEB対策(ホームページリニューアル)や広告運用、合宿免許の募集担当を行う。

免許のススメ!

    Contact

    入校申込み / 資料請求 / お問い合わせ

    入校のお申込み・お問い合わせはこちらから。お待ちしております!

    資料請求 入校申込み お問合せ
    TOPへ

    お問合せ・申込はこちら