IKKU DRIVING SCHOOl

NEWSお知らせ

COLUM2022.03.08

準中型免許

準中型免許とは?~取得費用や日数について解説

準中型免許とは?

 交通死亡事故の削減と、若年者の雇用促進のため、平成29年3月12日から、普通自動車、中型自動車、大型自動車に加えて、車両総重量3.5トン以上7.5トン未満等の自動車が新たに「準中型自動車」として新設され、これに対応する免許として「準中型免許」及び「準中型仮免許」が新設されました。
 新設に当たって、それまで中型免許がないと乗ることができなかった準中型に対応する車種については免許を取れば運転できるようになりました。
 また、改正前の普通免許をお持ちの方は、車両総重量5トン未満の自動車については運転をすることができますが、車両総重量5トン以上7.5トン未満の自動車を運転する場合には「限定解除」の審査を受ける必要があります。

準中型免許で運転できる車種

 では、実際に準中型免許を取得するとどのような車が運転できるのでしょうか。

 身近なものでは、引っ越しで使用する2トンショートや2トンロングの貨物自動車が上げられます。単身や二人で引っ越しをする際によく利用されるとトラックですね。

 そのほかにも、小型消防車、保冷車、高所作業車などのビジネスで必要な自動車も運転をすることができます。

取得費用はいくら?

 弊社では、現在お持ちの免許によって下記の料金で取得をすることができます。

免許を持たれていない方      ・・・372,790円(税込)
※原付免許をお持ちの場合は、367,840円(税込)

普通車免許をお持ちの方      ・・・143,550円(税込)
※AT限定の場合は、169,950円(税込)

準中型(5t限定)免許をお持ちの方・・・65,890円(税込)
※AT限定の場合は、92,290円(税込)

 その他にもお持ちの免許によって費用が変わる場合がございますので、上記に該当しない方もお気軽にお問い合わせください。

取得期間はどれくらい?

 取得期間はどれくらいかかるのでしょうか。 

 まず、免許を全く持たれていない方が取得する場合には、41時間の技能教習と27時間の学科教習があります。日数でお伝えすると最短で20日かかります。もし学校やお仕事をしながらですとスムーズにいっても大体40日前後はかかると思います。学科教習は弊社の場合、大部分はオンラインで受けていただくことができますのでお忙しい方でも通学の日数を減らしたりより短い期間での取得にチャレンジしていただくことができます。

 次に、普通車の免許をお持ちの場合はどうでしょうか。

 普通車の免許をお持ちの場合は、13時間の技能教習と1時間の学科教習があります。こちらも日数でお伝えすると最短で7日間。学校やお仕事をしながらですと2週間前後でしょうか。普通車の免許で学科を受けているので、学科試験は課されないため全く免許がない状態からの取得よりも負担は少なくなります。

 最後に、準中型(5t限定)をお持ちの場合の限定解除審査でかかるのはどれくらいでしょうか。

 準中型(5t限定)をお持ちの場合は、4時間の技能教習のみとなります。最短3日で終了します。他の免許と比べると早く取得をすることができますね。

 こちらも他にお持ちの免許がある場合に取得期間が変わってきたりしますので、気になる方はお気軽にお問い合わせください。

まとめ

 準中型免許制度がはじまってそれまで中型免許がないと運転できることができない車にも準中型免許があれば運転できるようなりました。中型免許は20歳以上でないと取得できない免許だったため18歳で就職される方は、運送業などでトラックの運転ができなかったり、その他ビジネスで利用される自動車の運転ができないことがあり若年者の雇用が制限される場面もございましたが、制度改正によって若年者の早期活躍が期待できるようになりました。
 近年では、運送業や公務員などで仕事をされる方で高校を卒業される際に準中型を取得される方も増えてきました。
 普通車と比べると期間や費用のかかる免許ですが、手に職をつけて早期に活躍したい方にはうってつけの免許ではないでしょうか。

本記事は、2022年3月08日時点の情報です。
※費用については条件によって変わる場合がございますので、詳細はお問い合わせください。